保険の見直し


保険のビュッフェ


生命保険・医療保険などの無料見直し相談
全国対応 (離島をのぞく、47都道府県をほぼ対応
ファイナンシャルプランナー(FP)は一定の年数を超えた経験者のみに限定
(平均経験年数7.4年、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロ)



保険のビュッフェ 詳細はこちら





保険マンモス・FPのチカラ


保険相談のパイオニア『保険マンモス』が始める新しい保険相談サービスFPのチカラ
事前に相談するファイナンシャルプランナー(FP)を選ぶことができます
お住まいの地域や相談内容を選ぶだけ。あなたに合ったFPをマッチング
厳選された全国のFPをデータベース化。プロフィールや実際に相談した方の声を紹介



保険マンモス・FPのチカラ 詳細はこちら




LIFULL保険相談


お買い物のついでに気軽に保険相談できる来店型の保険無料相談予約サービス
自宅への訪問型に抵抗がある方へおすすめ
ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設全国約1000店舗の保険ショップと提携



LIFULL保険相談  詳細はこちら




保険QUEEN



ファミリー・女性向け保険見直し無料サービス
女性支持率96%の信用
ほとんどのケースで保険料の節約、改善に成功
今の保険を最適化するためにプロがアドバイス



保険QUEEN 詳細はこちら




保険相談Navi



保険相談Naviが提携するファイナンシャル・プランナー(FP)
の中でも特に優秀なFPを厳選
保険種類を10社以上取扱いがあるFP、実務経験が10年以上のFPなど
無料相談の面談場所は自由・ご来店でもご自宅訪問でも可能



保険相談Navi 詳細はこちら





保険相談見直しセンター

いまの世の中、ガンは男性の2人に1人がなるというのが実情なので、がん保険に加入しておくことは必須でしょう。10社くらいによるがん保険を比較した末、最適な終身がん保険への加入を決めたんです。
最近人気のがん保険を比較したり、保険内容に対しての理解をしておいてください。がん保険を比較したり、選ぶ方法を取り上げ、細部に亘りご案内していますからご参考にしてください。
一例を挙げてみると、2〜30年前のがん保険商品については、診断給付金のようなものは付いてなかったです。みなさんには診断給付金がセットされた最新型のがん保険への見直しをしてはどうでしょうか。
より良い医療保険やがん保険を決めることができたその訳は、自分でネットで検索してチェックしたほか資料を取り寄せて、しっかりと比較してみたからだと思います。
学資保険などは早めに加入しておくと、毎月支払うべき保険料を低額にしたりするのも可能です。最適なものを選択するのは大変なので、一括の資料請求サイトを上手く活用するべきです。
生命保険などは、見直しすることなく掛け金を払い続けている方も多いでしょう。これから見直しすることを考えてみませんか?僅かな暇さえあれば簡単に資料請求可能なようですから、早速請求してみましょう。
もしもがん保険を比較したとしても最後の選択は、その時の発病に対する懸念の程度やプラン次第になるでしょう。不安な方には専門家の相談会に出席することも保険選びに役立ちます。
数々の学資保険について解説していきます。プランの中味や返戻率を掲載しているので、気になる商品を比較検討して、今後の学資保険に加入する時に参考にして頂きたいと考えています。
おススメの医療保険を比較しながらランキングとして載せています。いま、医療保険に入ろうと思案中ならば、様々な医療保険商品のことを比較し、満足できる保障内容を選択してください。
世の中には、死亡時だけに限ってかける生命保険商品があるようです。病気になってしまった際はお金は全然出ないものの、毎月の支払は比較的安めという保険ではないでしょうか。
とにかく加入しておけば安心できるとは言えるはずもありません。申し込んでいて良かったと思うことができるためにも、機会があったら現在の生命保険の内容を見直してみるべきです。
いまから生命保険への加入を検討している場合であれば、保険商品を比較検討して最適な生命保険会社はどこかを調べたり、または保険プランはどんなものかをはっきりとしておくべきです。
近ごろは資料請求をしたり、ネットを使えば楽々みることが可能ですし、学資保険に入る場合、できるだけ比較するということが絶対条件でしょう。
病気や事故による入院、手術の費用を補完するのが医療保険だと思います。いろんな保険がありますが、その中で大勢の人たちに注目されている医療保険商品をまとめて、ランキング一覧で発表します。
入っているがん保険が万が一の時に利用できないという事態に陥るのは絶対にあってはならないですから、入っている保険の保障や保険料に関して、見直しをやってみることが必須ですから、皆さんもぜひ行ってください。